自分でできる板金塗装

ボディに大きな傷をつけてしまった、ぶつけてへこみを作ってしまったなどという時にお世話になるのが板金屋さんですが、板金屋さんも商売ですので修理を依頼すればそれなりにお金がかかってしまいます。

比較的工賃が安いチェーン店でも傷1本で一万円以上は軽くとられるでしょう。

それなら自分でやったらどうだということでカー用品店などに行くとやはりDIYで傷やへこみを治すものが売っているではありませんか。

小さな傷を治すにはコンパウンドやペーパーやすり、ボディカラーにあった塗料などが必要で、深い傷やへこみなどは専用のパテが必要となります。

浅い傷であれば数種類のコンパウンドで磨き上げて、ワックスなどを塗ればごまかすことができるのですが、深い傷やへこみはそういうわけにはいきません。

傷を負った部分をペーパーやすりなどで荒らしてパテを盛って、乾燥したら整形しながら磨き上げて、数種類のコンパウンドを使って磨き傷が目立たないようにし、塗料がほかにつかないように車にマスキングを行い、ベースコートを塗って乾燥させ、また磨いて、今度はボディカラーと同じ塗料を塗って乾燥させ、また磨き上げてクリア塗装を塗ってまた磨き上げてと、素人がやるにはかなりの作業量となります。

それでうまくいけばいいですが完成してみたら色むらがあったり、でこぼこになっていたり、細かい傷が残っていたりとなかなか簡単にはきれいにできません。

こういった作業が苦ではなく、楽しみながらできる人であればいいのですが、時間もなく細かい作業が苦手という方には絶対できないでしょう。

はっきり言って小さな傷以外の修復は素人では無理、技術があったとしても作業環境が整っていないので、なかなかうまくはいきません。

それなら多少のお金を払っても板金屋さんに頼んだ方が短時間できれいにやってくれます。